上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日までの残暑がウソのように、最高気温17℃の涼しい盛岡
秋雨前線とか・・・、秋だなぁ。。。(しみじみ)

今年の夏の象潟旅行、もうちょこっと、ふりかえります


「うひゃっ」
海岸散歩
海岸沿いを元気に爆走

順応はえー


「チュッ
バナナちゃん
チワワのバナナちゃん(♂)、通りがかりの自転車のオジサンと交流


「じぃーー」
アチャコちゃん
パグが4分の1入ってるアチャコちゃん(♀)と睨み合い!?


「クウォーターです」
クウォーター
残り4分の3は、いったい・・・!?
っていうか、ほぼパグでは??


象潟は、人間もも、とってもフレンドリーでした


帰りたくないよぉ~
住みたいよぉ~

と、未練たっぷりに、盛岡へ


お宿から車で5分ほどの『道の駅・きさかた』に早くもピットイン

「象潟や・・・だべ」
芭蕉
そ・そ・それだけー!? 
超うる憶えー


お目当ての『いちじくソフトクリーム』が機械の故障(?)で営業しておらず、
バニラソフトクリームを食べました

バニラソフトクリーム、濃くてとっても美味しかったです♪


そして、『道の駅・いわき』にもピットイン


「ランチだべ」
レストラン・ケベック
デッキはペット可の、ありがたいレストランです



ランチ
ヒデさんはカレー、こまちはピザ
華はいつものスナックボーイ(省略)

塩味の効いたチーズが濃厚で美味しかったです


「ねみぐなってきたべ」
デッキでまったり
潮風に吹かれ、とろ~んとしてきた華

華、疲れたよね?

帰りの車内では、爆音をとどろかせ爆睡する激疲れの華さんでした

スポンサーサイト

海水浴を楽しんだ後、今夜のお宿『ろふう草・日本海』さんにチェックイン


ろふう草全景

築50年以上で、最初見たとき、引いちゃったくらいの古~い民宿ですが、
東北では貴重な、“ペットと一緒に泊まれる海辺の宿”
しかも、宿のご主人は素朴で優しい人柄、ペキに優しい冷房完備
そして、今夜の夕食は、『グルメコース』
築50年、ノープロブレム


夕食の前に、もうひとつの目的、『日本海に沈む夕日』を見るため、海岸へ

夕日1


「なんだべ?」
夕日と華

夕日2

夕日3

夕日4

夕日5
夕日が沈んだ直後は、辺りが真っ赤になり、とっても幻想的でした

急いで宿に戻ると、

大広間
大広間からもきれいな夕焼けが見えました


待ちに待った夕食、『グルメコース』がコチラ

夕食

岩ガキ(生、焼き)、岩ガキグラタン、カキ豆腐、カキ鍋、カキ釜飯など、カキづくし
地魚のお刺身・フライ・煮魚、海草、珍味、デザートのメロンなどなど、
岩ガキや地魚を使ったお料理に大満足のヒデさん&こまちでした

が入り、お料理を全部撮れなかったのが無念!

お食事中、「わんわんっ、わわんっ
しつこく果てしなく聞こえるBGMが気になりましたが
本当に美味しいお料理でした

ちなみに、BGMですが、ご想像の通り、
        

「置いでいがれだべ
待機
お食事処の大広間NGでお部屋待機の華さんでした

この後、お疲れの華さんの大イビキに復讐されたヒデさん&こまちでした

象潟の旅は、もうちょっと続きます
この夏、こまち家は、1泊2日で象潟に遊びに行ってきました

いざ、内陸盛岡から、往復約350㎞の日本海・象潟へ!

ヒデさん、運転頼んだぞー


海が見えてきて、テンションも上がり、小腹も空いたので、

途中、「道の駅いわき」にピットイン



「湘南だべ」
海を観る華
華さん、ここは日本海です
(あこがれの)湘南じゃありません


岩ガキ、イカ焼き、ホタテ焼き、サザエ焼き
屋台ランチ
海の幸、んめぇー


もっと食べたかったけど、今夜のお宿の『グルメコース』のために、ガマンガマン。。。


そして、ついに、


「象潟、着いたべ」
象潟を感じる
潮風を感じ、一句詠みそうな芭蕉顔?


薄晴れの25℃、快適


「。。。。。」
象潟
久々の海の波に、ちょっと固くなる華


「うひゃっ」
海でもタライ
まずは、タライ浴

タライは、クールダウンできるし、落ち着くね



ヒデさん入水
工作員ヒデさん、IN 日本海

ヒデさん、単独行動だと、かなり怪しい。。。



「アダシも海水浴だべ」
入水(象潟)
ヒデさんに続き、華も、IN 日本海

川に続き、海も制覇


夏の終わりの海で、海水浴を楽しんだこまち家

まだまだ、象潟の旅は続きます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。